WEB 図工・美術教材フェア2021

工作・ねんど・立体

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!のメイン画像

立体

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!

自分や誰かの頑張りを称える気持ちを込めたメダルづくりをしましょう。片面粘着のり付きのアルミ箔なので、彫刻材や厚紙などに貼るだけで、運動会やイベントで盛り上がるメタル感のある仕上がりになります。

メダルづくりアルミ箔セットつくり方

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

①メダルベース用のMDF円板にカーボン紙などを使い、下描きを転写します。(そのままベース板に描いても良いです。)

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

②ベース板に転写した下描きを、彫刻刀で削り凹凸を付けます。

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

③アルミ箔の裏紙を剥がして、メタル箔粘着面の上に乗せます。表面(金箔面)から布などで軽く圧着するように押さえ、シワにならないように注意が必要です。

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

④側部をアルミ箔で包みます。包み込む際に、ハサミなどを使いアルミ箔に切れ込みを入れます。

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

⑤余った部分は裏面に折り返してに貼り付けます。(必要以上に余った部分は切り取っておきましょう。)

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

⑥表面の凹凸部分に隙間ができないように、綿棒などでしっかりと押してアルミ箔を馴染ませます。

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

⑦最後にベース板の裏面にアルミ箔を貼りつけます。余分な部分のアルミ箔をハサミなどで切り取って完成です。

アルミ箔

黒塗りマイボックス(358-701)の仕上げに、アルミ箔(はく)金(378-555)を使用したつくり方動画です。 工作用ボール紙をカットして貼り、上からアルミ箔を貼ると凹凸感のあるメタリックな仕上がりになります。

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像
アルミ箔(240×300㎜片面粘着のり付)を使用した作例。厚紙を切り貼りしたベースに貼り付けて仕上げています。

関連商品

金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

メダルづくりアルミ箔セット
378-551〜553 各¥462(¥420)

351 金メダル  352 銀メダル  353 銅メダル 

≪セット内容》アルミ箔片面粘着のり付(120×150㎜)2枚、MDF円板(90φ×9㎜厚)1個
彫刻刀で彫ることができるMDF材メダル素材と、粘着付メタル箔のセットです。光沢がすばらしい、重厚な作品に仕上がります。運動会や各種イベントに手作りのメダルが場を盛り上げます。
※首にかけるリボン等は別途作成してください。
金・銀・銅のアルミ箔でメダルをつくろう!説明画像

アルミ箔(240×300㎜片面粘着のり付)

378-555〜557 各¥264(¥240)

555 金  556 銀  557 銅

 

レリーフや彫刻材、厚紙の切り貼りした作品に貼り付けてメタル感のある作品に仕上げます。